はも寿司・はもおとしセット

口当たりが柔らかなシャリと、肉厚でふわふわのはもが奏でるハーモニーが楽しめる【はも寿司】と、湯引きした鱧を冷水に取って冷やしたひんやりとした口当たりが涼を呼ぶ【はもおとし】が各2人前セットになった商品です。

価格:14,040円

はも寿司・はもおとしセット

 

 

鱧は、海より遠く、夏に新鮮な海魚を手に入れることの難しかった時代の京の町なかであって、唯一生命力が強く、活きて流通することのできた魚でした。しかし、その体の中には多数の小骨がはしっており、普通の魚のようには食べることができません。

そこで、「骨切り」と呼ばれる、皮一枚を残しながら、小骨の一本一本を断ち切るように包丁目を入れる、独特で熟練を要する調理法が生み出されました。そうして今日まで長く京の町衆に愛されるようになり、夏の京料理には欠かせぬ素材とまでなりました。このように、調理する人間、またそれをお召し上がりいただくお客様とが相俟って、執念とも呼ぶべき京都人の魂が、この鱧料理にはこもっています。

ありがたくも、多くのお客様から、鱧料理を二傳の名物とお呼びいただいております。

それに恥じぬよう、鮮度、産地、サイズ、骨切り、また鱧は頭から尾まで大変長い魚で、部位により身の質が異なることから、仕立てるお料理によって用いる部位を変えるなど、大いにこだわりを持って、調理にあたらせていただいております。

京の町衆と歴史に育まれた伝統の味を、是非ご賞味ください。

 

鱧は非常に生命力が強く、水揚げされて長時間経てもなお、手を出した人の手に噛みつくほどで、「(人の手を)食む(はむ))」から転じて「はも」と呼ばれるようになりました。その驚くべき生命力は、江戸時代の笑い話からも見て取れます。その昔、鱧は瀬戸内から早籠(はやかご)で担ぎ、走って京の町まで運ばれていました。山の峠で勢い余って籠から飛び出した鱧、気づかず走り去る早籠の担ぎ手。次に通りかかった道中の人、山道でピチピチと飛び跳ねる鱧を見て、「京の鱧は山で取れる」と言ったとか。

はも寿司・はもおとしセット

口当たりが柔らかなシャリと、肉厚でふわふわのはもが奏でるハーモニーが楽しめる【はも寿司】と、湯引きした鱧を冷水に取って冷やしたひんやりとした口当たりが涼を呼ぶ【はもおとし】が各2人前セットになった商品です。

 

価格:14,040円

内容量 2人前
セット内容

▼はもおとし 2人前
(はもおとし5貫×2パック、梅肉、ポン酢)

▼はも寿司(8貫)
(はも寿司8貫/竹の皮包み、生姜漬)

消費期限 製造日含め2日(基本的にお届け日当日が消費期限となります。)
配送形態 ヤマト運輸・クール(冷蔵)便
注意事項 京都からのお届けに、2日以上要する地域へお届けのご注文はお受けできません。
配送についてはこちらをご覧ください。
アレルギー
特定原材料
7品目
小麦

はも寿司・はもおとしセット

 

ページ上に戻る